ドイツのサッカーリーグとお金の支給

サッカーとお金の支給

支給

日本とは桁違いのお金が動くヨーロッパのプロサッカーリーグですが、ブンデスリーガは観客動員数がトップになっても、浮足立つこともなく堅実な経営を続けています。ブンデスリーガは、1部から3部までがプロリーグで、地域が主導する6部からはアマチュアリーグとなります。

日本サッカー協会もモデルとしたブンデスリーガは、4部や5部の選手でも、賃金を得てプレーしています。アマチュアリーグの選手でも、勝利給などの支給があり、生活の一部を補助されています。日本のサッカー選手と比べると、かなり手厚い待遇を受けています。セミプロリーグでも、結果を出せばプロクラブからのスカウトが期待できます。特に4部は、チャンスが多いです。

実際に、ドイツ代表として活躍した選手の中には、4部から6部のクラブで戦い、その後3部に移籍し、結果を出して1部へと昇格した選手もいます。プロスポーツの世界では、上から下までの環境にかなり差があることが多いです。しかし、ドイツのサッカー界は、どのチームでも芝のグラウンドがあり、サポートを受けながら実力を磨くことができます。国全体が、サッカーに対する理解を示しているのです。そのようなドイツの土壌が、ブンデスリーガの観客動員数トップという偉業を生み出しているのです。