サッカー移籍金スペイン史上最高額の選手とは

サッカー移籍金 スペイン

スペイン

レアル・マドリードに所属するサッカースペイン代表のアルバロ・モラタ選手が、イングランドのチェルシーへ移籍となりました。FWのアルバロ・モラタ選手はこれまで複数のクラブから関心を寄せられていました。当初、レアル・マドリード残留の可能性もささやかれていたアルバロ・モラタ選手。チャンピオンズリーグ決勝後のコメントでもチーム残留を示唆させるコメントを残していました。しかし

後日、アルバロ・モラタ選手は自身の公式インスタグラムアカウントでマンチェスター・U選手のアカウントを続々とフォローする始末。残留が濃厚とおもわれていただけにクラブのみならずファンにも動揺が広がりました。さまざまな情報が飛び交う中、多額の移籍金でチェルシーへの移籍が報じられ決着となりました。気になる金額は最高で8000万ユーロ、日本円で約103億1000万です。

今回の移籍交渉は歴史的な高額取引といわれています。スペイン人サッカー選手史上最高額であるため、同選手のパフォーマンスに期待がかかっています。アルバロ・モラタ選手は昨シーズン、リーガ・エスパニョーラで26試合出場しました。そのうち15ゴールを記録しています。チェルシーへ移籍後、初挑戦となるプレミアリーグでの活躍が望まれています。