サッカーの移籍金の提示とタイミング

サッカーの移籍金の提示

提示

サッカーとマネーというのは切っても切り離せない関係であり、マネーがないクラブチームは強いチームを作ることは難しいです。選手を獲得するには潤沢なマネーが無いと難しいです。移籍というのはルールがあり、まずはクラブ間同士で話し合いがなされます。ここでの話し合いというのは、クラブ間での契約の話になります。獲得したい選手の契約が残っている場合、相手のクラブに移籍金を支払う必要があります。

この移籍金というのは選手の年俸ではないので、相手のクラブに渡ります。クラブ間同士の話し合いがまとまると、次に選手との直接交渉になります。海外の選手は代理人という交渉人を雇っているケースが多く、この代理人との話し合いになります。代理人に年俸を提示して、選手が合意をすれば移籍が決定します。

この移籍には期間が決まっていて、その期間以外での移籍はできないです。この移籍の期間というのは夏と冬の2回で、開幕にあわせて移籍をするのであれば、その点を十分考慮して移籍の準備を進めなくてはいけません。サッカーというのは長い時間を掛けてチームを作っていくスポーツです。なので、途中加入の選手がいきなりレギュラーになるのは簡単なことではありません。