サッカー代理人が動かすお金

サッカー代理人とお金

代理人

サッカー選手の年収に大きな影響を与えるのが、所属するクラブとの契約内容です。特に、海外で活躍する選手の場合、どの代理人に交渉をしてらうかという点が非常に重要な要素の一つとなります。クラブと選手の関係性は、雇用主と雇用される側ということになりますが、何の話し合いもせずにお互いの条件が噛み合うということは、基本的には中々ないでしょう。

そこで調整役として重宝されるのが代理人で、その交渉力は契約金などの内容や移籍について多大な影響を与えます。有名な選手と契約を交わしている人の中には、年間の稼ぎが数十億円と言われている人もいるほどです。主な仕事内容としては、選手が希望するクラブへの移籍交渉をまとめることですが、次の所属先が決まっていない時に、その場所を探す役割を果たすこともあります。

他の選手にポジションを取られてしまったり、監督が交代したりといった環境の変化で、選手に転機が訪れた時に、それを手助けするような役目を果たします。代理人のタイプにもよりますが、一般的には約数十人のサッカー選手を担当し、それぞれの選手に合わせてサポートを行うようです。トレーナーを紹介することもあれば、キャンプに参加し選手の状態を把握しに行くこともあります。