金・金・金 サッカー界

サッカー界 金銭は所属クラブで異なる

所属

プロサッカーはサッカーをしてお金を稼ぐことになります。お金は年棒制で、結果を出し続けることでどんどん上がることになります。最初は500万円が相場ですが、中には日本のクラブにも1億円プレーヤーはいます。しかし、1億円プレーヤーも手で数えることができるくらいしかいないです。しかし、海外に出ると数億円を稼ぐ選手が多いです。日本代表では選ばれるだけで50万円もらえますし、試合にスタメンで出るとさらに100万円がもらえたり、途中出場でももらえます。プロ野球選手では試合で活躍すると監督からインセンティブがもらえるという話がありますが、サッカーでもあります。

ゴールを決めたり、完封勝利をすることでもらえます。ただ、お金は所属クラブにより格差はあります。今年から1位、2位、3位、には数年間に分けて多額の強化費がクラブに渡されるので、そうすれば所属クラブの資金繰りに余裕が出てきて選手の年棒が上がりやすいです。活躍してもクラブの運営がうまくいっていないと年棒は

なかなか上がらないです。また、1試合ごとにスポンサーがつくのでヒーローに選ばれたりすると副賞をもらうことができます。ビールやお菓子がもらえることが多いです。

【ブックメーカー】サッカーはこちらへ

ゴール

サッカー お金と購入品

購入

子供の習い事には様々な種類がありますが、スポーツ系で特に人気なのがサッカーです。習い事としてスクールに通わせる場合、クラブチームやスポーツ少年団などの選択肢があります。クラブチームはJリーグの下部組織や、運動を専門とする団体が運営します。小学生以下・中学生・高校生・社会人など、年代別にチーム分けされていることが多いのが特徴です。

強豪のクラブチームでは年代が上がることに昇格テストを行い、実力のある選手だけを選抜していくところもあります。しかしチームによって運営方法も様々で、プロ選手の育成を目指す方針のチームだけではありません。ユニフォームやサッカーに使う道具の購入に加え、遠征費や交通費なども金がかかる一方、試合の送迎やお茶出しなどはチームで面倒を見てくれるとこが多いので、保護者の負担が少ないメリットもあります。

スポーツ少年団は、地域の子供たちを対象としたスポーツ団体です。基本的にボランティアで運営されていることから、月謝などの費用は抑えめで金銭面の負担が少ないのが特徴です。ただし、指導者はプロではなく保護者などが行っているところが多く見られます。また、所属している子供の保護者は、お手伝いなどの負担もかかります。


金とサッカーの大会開催

開催

オリンピックなどにも同じことが言えますが、サッカーの大会を開催するにあたり金が必要になります。いろんな大会がありますがそのなかでも有名なワールドカップはオリンピックよりも注目を集める大会となっており、各国開催するために国が一体となって誘致をしています。またそれだけで誘致できるとは限りません。

誘致を進めるにはサッカーの協会で実行権力を持っている役員の意向が必要になります。それを買収したことが以前問題となり、協会と世界に衝撃を与えることもあり、このような世界でもあります。どちらにしろ大会を開きたいのであれば、金が必要になるのは明らかです。

大会開催にしてもそうですが、それ以外にもサッカーは金が掛かるスポーツとして知られています。選手の移籍金はスポーツ界のなかでも屈指になっており、非常に大きな額が動いている世界です。毎年のように移籍の額が膨れ上がっており、それがニュースとして騒がれるほどです。

ただしクラブ運営にも費用が必要になりますので、いまのところは目を瞑っているのが現状と言えるでしょう。ただしいずれが誰かが改善をしなければ、ただ膨らむだけの世界になっており、子供たちに夢を与える本来の仕事ができなくなることも危惧されています。

シュートモーション